【MFゴースト】スパイラルゼロ「池田竜次」が登場【頭文字D登場人物】

MFG 芦ノ湖GT「最終予選」が終わり、「決勝」が始まりました。

予選10位だったカナタのハチロクは、スパイラルゼロ「奥山広也」から足回りの強化をしてもらい芦ノ湖GT「決勝」に挑みます。

ハチロクのレース結果も気になるところですが、芦ノ湖GT「決勝」の解説者池田竜次が登場しました。

奥山広也や小柏カイに続いて、頭文字D登場人物がまた一人登場です。

MFゴースト(現在)での池田竜次は、どのような姿になっているのでしょうか?

頭文字D時代(過去)とMFゴースト(現在)では、どのような変化があったのか」紹介します。


目次

【MFゴースト】池田竜次がMFG解説者として登場【頭文字D登場人物】

MFG 芦ノ湖GT「決勝」に、頭文字D登場人物でもある「池田竜次」が解説者として登場しました。

頭文字D時代(過去)とMFゴースト(現在)では、どのような変化があったのか」紹介します。

 

頭文字D時代の池田竜次

池田竜次は、「チームスパイラル・ゼロ」のリーダーであり、ヒルクライム担当です。

実家が寺であり、豊富な資金を持っています。

乗っている車は、Z33 フェアレディZ Version S(2002年式 前期型)です。

ゼロ理論」を提唱しており、「無になることこそ、理想的なドライビングスタイル」と信じています。

芦ノ湖では、髙橋啓介とのバトルに敗北しました。

濃霧という悪条件のバトルの中で「恐怖心からアクセルを抜こうとする自分と、それを良しとしないもう一人の自分」に気付き、自分が「ゼロの心」で走れていないことを自覚。

それでもなお自分の理論を信じて走り続けたが、啓介の「特定のポイントへ2台が近づいてきた時点で対向車がいなければ、ケンタが啓介の携帯を鳴らして知らせてもらう」という作戦によりオーバーテイクされ、戦意を失い敗北。

引用:Wikipedia

39巻、40巻にバトルの様子が描かれています。

 

「峠の自警団」のリーダー

高橋涼介と北条凛との決闘では、ブレーキの効かない北条凛のGTRを涼介のFDと一緒に受け止め制止させました。

ブレーキが効かなくなっても走り続ける凛を救おうとする涼介に協力し、FCの隣にZを並べてブレーキング。

2台の制動力を利用してR32を止めることに成功した。

引用:Wikipedia

ほんりょー
何度見ても鳥肌が立つ感動的なシーンです!
41巻、42巻に描かれています。



MFゴースト(現在)池田竜次の姿とは?

MFゴースト(現在)の池田竜次の姿について」紹介します。

 

3足のわらじをはく「スーパーマン」

池田竜次は、実家のお寺の住職・地元である小田原市の市議会議員でもあり、モータースポーツによる青少年育成スクール「ゼロ・アカデミー」の主宰者でもあります。

まさに、「三足のわらじをはくスーパーマン」です。

池田竜次「現在の姿」

実家のお寺の住職

小田原市の市議会議員

「ゼロ・アカデミー」の主宰者

お寺の住職であることは予想できましたが、まさか地元の市議会議員だったとは驚きです。

モータースポーツを通じて青少年の育成に携わっているのは、なんとも池田竜次らしいですね。

ほんりょー
名前が「ゼロ・アカデミー」なのが最高ですw

 

相葉瞬は「ゼロ・アカデミー」出身

MFGレース参加者でもあるカミカゼヤンキーこと「相葉瞬」もゼロ・アカデミーでレースを学んでいました。

相葉瞬は、「池田竜次の教え子」となります。

芦ノ湖GT「決勝」では、「池田さんが見ている前では、みっともないレースができない」と強い意気込みを持ちバトルに挑んでいます。

相葉瞬と池田竜次のかけ合いも見たいところです。(果たして、どのような師弟関係なのか…)

話は大きく逸れますが、MFGエンジェルスの京子姐さんは、相葉瞬に対してハートの矛先が向いている…と思われます。

MFゴースト6巻の最後の方を見て頂けたら、なんとなく分かると思いますw

【2019年版】MFGエンジェルスメンバーまとめ←新メンバー加入!

2019年2月14日

まとめ

頭文字D時代(過去)とMFゴースト(現在)では、どのような変化があったのか」紹介しました。

MFゴーストでの池田竜次は、「お寺の住職・市議会議員・「ゼロ・アカデミー」の主宰者」と、3足のわらじをはくスーパーマンでした。

ゼロ理論を提唱していた池田竜次が、MFG芦ノ湖GT「決勝」で解説者として登場しています。

MFG芦ノ湖GT「決勝」の様子は、MFゴースト6巻に詳しく描かれています。

ぜひチェックしてみてください。

スポンサーリンク