【ネタバレ】MFゴースト5巻でカナタの衝撃の事実が明らかに!?

MFゴースト5巻が発売されました。

オートショップ”スパイラルゼロ”「奥山広也」によって、足回りが大幅にパワーアップしたハチロクがMFG予選に挑みます。

ハチロクの走りが気になるところですが、それ以上に「カナタの衝撃の事実」が明らかになります。

MFゴースト5巻では、主人公カナタの「強さの本質」を知ることになります。

ぜひチェックしてみてください。

※ネタバレ含みます。

目次

MFゴースト5巻でカナタの衝撃の事実が明らかに!?

なぜ、カナタはこんなに速いのか?」強さの本質を紹介します。

頭の中に記憶を残せる

カナタはアルバイトを始めることになり、書類を書くために西園寺恋の母親(真由子)に書き方を教わります。

すると、書類に名前を書くときに、カナタは漢字で名前を書きました

字体があまりにも正確なのを見て、カナタの母親キャサリンと同じ「頭の中に記憶を残せる」ことを見抜きます。

問われたカナタは白状し、「ときに人間関係をこわすから」という理由で、ヒト前で記憶力を発揮することを隠していたと打ち明けます。

 

コースが頭の中に残っている

映像を見ただけでコースを記憶できるカナタは、コーナーの方向次のコーナーまでの距離など正確に再生することができます。

MFG予選前に部屋で1人、イメージトレーニングをしている姿は、実際に走っているかのようなハンドルや足さばきです。

ほんりょー
このシーンはぜひ見て欲しいです。。

MFゴースト1巻で思い当たる節があった記憶力

MFゴースト1巻でもカナタの記憶力が発揮するシーンがありました。

 

コースを見たのは3回くらい

MFG予選をはじめて挑むカナタに相葉瞬がオフィシャルのコース攻略画像は何回見たのか聞きます。

すると、カナタは「3回…くらいです」と答えました。

ほんりょー
この時点で私自身も不思議に思っていたのですが、こういうことだったのかと納得しました。

実際にカナタも、相葉瞬から冗談言うな!と怒られますが、「ジョークではないのに…」と答えています。

 

MFG初戦で注目フラグを出す走りに

コースのレイアウトを覚えていたカナタに、注目フラグが出ます。

ドライバーの操縦技術が極めてすぐれていると判断されるときに出される表示

デビュー戦に注目フラグが立つのは、最大のライバルであろうミハイル・ベッケンバウアー以来の快挙です。

結果的には、MFG初戦15位という好成績を叩き出します。

まとめ

主人公カナタの強さの本質について紹介しました。

MFゴースト5巻で明らかになったカナタの記憶力

実は1巻から思い当たる節があり、ようやくここで点と点が繋がりました。

MFゴースト5巻では、奥山広也によって足回りがパワーアップしたハチロクがMFG予選に挑みます。

見どころ満載なので、ぜひチェックしてみてください。

【MFゴースト】スパイラルゼロ奥山広也の変貌ぶりがヤバい!

2019年3月30日
スポンサーリンク


日本最大級の動画配信サービス