Nikon D5300におすすめな広角レンズはどれ!?

この記事はこんな方に向けて書いています
Nikon D5300に付ける広角レンズを探している

こんにちは!Nikonユーザーの”ほんりょー”です。

ついに、愛機であるNikon D5300に付ける広角レンズを買いました。

買ったのは「Nikon AF-P DX NIKKOR 10-20mm f/4.5-5.6G」です。

Nikon D5300に付ける広角レンズを探している方の参考になれば幸いです。

選んだレンズの作例付きレビューも紹介していますので、ぜひ合わせてご覧ください。

【レビュー】AF-P DX NIKKOR 10-20mm f/4.5-5.6G VR※作例あり

2019年2月6日

 

【Nikon D5300】比較した広角レンズは?

Nikon D5300に付ける広角レンズは「シグマ・ニコン・トキナー」の3つのメーカーを比較しました。

具体的には、5つのポイントに分けて比較しました。

  • F値
  • 焦点距離
  • 手ぶれ補正
  • 重量
  • 価格

シグマ超広角ズームレンズ 10-20mm F3.5 EX DC HSM

ニコン広角ズームレンズ AF-P DX NIKKOR 10-20mm f/4.5-5.6G

トキナー超広角ズームレンズ AT-X 116 PRO DX II 11-16mm F2.8

3メーカーの広角レンズを比較

シグマ・ニコン・トキナー」広角レンズの特徴を表にして比較してみました。

スクリーンショット 2019-01-27 10.19.22

F値はトキナーが一番明るい

F値は、トキナーのレンズが2.8と一番低く、この中では一番明るいレンズになります。

ボケ感を出すならF2.8ぐらいが個人的に好みです。

焦点距離はトキナーだけ11mm始まり

焦点距離は、トキナーだけが11mm始まりです。(望遠側は16mm)

シグマとニコンが共に10mm始まりです。

焦点距離に関しては、シグマとニコンが一番広角で写せます。

とはいえ、1mm差なので、そこまで大きな差は無いですね。

手振れ補正はNikonのみ

手ぶれ補正は、ニコンのみ有り」です。

Nikon D5300にカメラ内蔵手振れ補正が無いので、レンズに付いているのはポイント高いです。

重量はNikonが一番軽い

重量は、ニコンが「230g」と最軽量です。

シグマとトキナーのレンズ重量は、520g~550gとほぼ一緒ですね。

いかに、「ニコンの広角レンズが軽い」かわかります。

価格はNikonが一番安い

価格は、ニコンが36,450円と一番安い結果になりました。

3万円代で広角レンズを使えるのは、カメラ初心者にはありがたいです。

シグマとトキナーは共に4万円を超えています。

選んだ広角レンズとその理由

スクリーンショット 2019-01-27 10.32.09

 

悩みぬいた結果、Nikon 広角ズームレンズ AF-P DX NIKKOR 10-20mm f/4.5-5.6Gを選びました。

選んだ理由としては、『手ぶれ補正・重さ・価格』です。

ニコンのみ手振れ補正あり

比較した広角レンズでは、ニコンのみ手振れ補正が付いています。

やはりNikon D5300にはカメラ内蔵手振れ補正が無いので、ブレを少しでも軽減するにはレンズ側には付けておきたい所です。

風景写真だけではなく、子供の写真も撮りたいので手ぶれ補正付きは必須かと。

重さが最軽量

ニコンのレンズが最軽量だったのも選んだポイントです。

レンズ重量も軽いので、カメラを手軽に持ち出せると思ったのが主な理由です。

Nikon D5300本体の重さは480gなので、レンズを付けると約700gほどの重さです。

価格が一番安い

ニコンの広角レンズは、3万円台で買うことができます。

手振れ補正、重さに加えて、価格が安いのも選んだ理由の一つです。

まとめ

Nikon D5300に付ける広角レンズについて紹介しました。

結果的に選んだのは「Nikon AF-P DX NIKKOR 10-20mm f/4.5-5.6G」です。

シグマ・ニコン・トキナー」の3メーカーを比較・検討した結果、Nikon純正の広角レンズを買いました。

手振れ補正あり、最軽量、価格が安い」が選んだ理由です。

Nikon D5300にこの広角レンズをつけて撮るのが楽しみです。

レンズのレビューはコチラを参考にしてください。

【レビュー】AF-P DX NIKKOR 10-20mm f/4.5-5.6G VR※作例あり

2019年2月6日

コメントを残す