【コールマン】ツーリングドームLXはソロキャンプ用【おすすめ】

この記事はこんな方におすすめ

ソロキャンプにおすすめなテントが知りたい

ツーリングドームLXが気になっている

大人になってから初キャンプということで、新規でキャンプ道具を買いそろえ一泊のキャンプをしてきました。

使用したテントは、コールマン「ツーリングドームLX」です。

結論からいうと、「ソロキャンプにおすすめなテント」です。

テントの中に荷物を入れても、寝るスペースをしっかり確保できます。

ソロキャンプ用のテント選びに迷っている方に、おすすめなテントです。

コールマン「ツーリングドームLX」のスペック・使用レビューを紹介します。

目次

【コールマン】ツーリングドームLXのスペック

コールマン「ツーリングドームLX」について紹介します。

前室を高くして開放感アップ。コンパクトサイズのドームテント。1人でも設営しやすいポールポケット式

ツーリングドームLXのスペック
  • サイズ:使用時 約210×180×110(h)cm
  • 収納時 約直径24×60cm
  • 重量 約5.6kg
  • 耐水圧 約1500mm(フロア/約1500mm)
  • 定員 2~3人
  • 付属品 ペグ、ロープ、キャリーバック

重さは約5キロなので男性は楽々持てると思いますが、女性だと重く感じると思います。

しかしながら、全く持てないということはないので短い距離でしたら男女問わず持ち運びは可能です。

 

前室が広い

ツーリングドームLXの前室は、予想以上に広いです。

靴やクーラーボックスなどの荷物を置く収納スペースに加えて、煮炊きスペースとしても確保できます。

ちなみに、DOD テント・タープポールセットがあるとさらに快適度が増しました。

価格も安いので、ツーリングドームLXと一緒に合わせ買いがおすすめです。

 

換気性が優れている

ツーリングドームLXの前後のメッシュパネルは、どちらも開閉することができます。

テント室内を換気してくれるベンチレーションもあります。

ベンチレーション機能とは

テントの下から空気を室内へ送り込み、暑い空気を上へ逃がしてくれる。

暑い時期はテント内の熱気を外に出し、寒い時期では結露の発生を低減してくれます。

換気性が優れているので、室内の空気循環も良くなります。

ツーリングドームLXを使用した感想

ツーリングドームLXを使用した感想を紹介します。

結論からいうと、「キャンプ初心者でも設営が簡単で、一人では十分な広さ」でおすすめのテントです。

 

テント設営が簡単

キャンプ初心者である私でもツーリングドームLXの設営は簡単でした。

(事前に説明書や設営方法を紹介している動画などを確認していたので、スムーズに設営できたかもしれません。)

主な手順としては、下記の流れになります。

ツーリングドームLX設営手順
  1. インナーテントを広げる
  2. 本体を立ち上げる
  3. フロントポールをセットする
  4. リアポールをセットする
  5. フライシートをかぶせる
  6. ペグ・ロープを張り固定する

初めての設営だったこともあり、20~30分ぐらいの時間を要しました。

次回以降は、もっと時間をかけずに設営できると思います。

設営が不安な方は、一度キャンプ前に設営を練習しておくことをおすすめします。

 

ツーリングドームLXと合わせ買いした道具

インナーシートの下にロゴス・グランドシートを敷いています。

ツーリングドームLXにピッタリのサイズです。

テントに付属しているペグは打ちにくいとの口コミがあったので、エリッゼのペグも購入しました。

ペグ打ち・抜きが簡単にできるペグハンマーは、YOGOTOを選びました。

しっかり握ることができて、すっぽ抜け防止の安全ベルトも付いています。

 

一人で泊まるには十分過ぎる広さ

ツーリングドームLXは横幅210㎝なので、身長176㎝の私でも足を伸ばして寝ることができました。

2~3人用のテントなので、男性一人で寝るには十分すぎる広さです。

逆に言えば、大人3人だとかなり狭いなと感じました。

大人2人がギリギリかもしれません。

まとめ

コールマン「ツーリングドームLX」について、使用レビューを紹介しました。

ツーリングドームLXは、「キャンプ初心者でも設営が簡単で、一人では十分な広さ」でおすすめのテントです。

一緒に合わせ買いした道具も紹介しているので、ぜひご検討ください。

スポンサーリンク