【MFゴースト】主人公の車「86」をリアルに再現【ディスプレイ用におすすめ】

MFゴースト主人公である「カナタ・リヴィントン」の86をリアルに再現したミニカーが発売です。

発売元は、ラジコンやミニカーでおなじみ「京商」からです。

赤色のボディにデカデカとナンバリングされた「86」の数字がかっこいいです。

一緒に発売されるミニッツRWDシリーズでは、送信機も付属され、単4電池を8本使用すれば86を操作することが可能です。

送信機は、ステアリング/スロットルトリムに加え、舵角(スレアリングを切る)量が調整できるデュアルレートも装備されています。

今回紹介したミニカーは、全長16センチ・全幅7センチとサイズが大きいため「ディスプレイ用」としてもおすすめです。

話は少し逸れますが、MFゴースト5巻特装版の特典には、「86トミカ」が付いてきましたよね。

【MFゴースト】トミカを開封するよ!86ナンバリングがカッコイイ!

2019年5月17日

クオリティやサイズ感は少々劣りますが、コチラは「MFゴースト初のトミカ」になります。

ぜひ、合わせてチェックしてみてください!


今なら頭文字Dが無料で読める!

群馬県の県立高校に通う拓海(たくみ)は車についての知識なんてほとんどない普通のとうふ屋の息子。ある日、拓海は親友の樹(イツキ)と共に、バイト先の先輩である池谷(いけたに)の走り屋チーム・秋名スピードスターズの走りを見に行くことに……。するとそこに赤城最速といわれる高橋兄弟が率いるチーム・赤城レッドサンズが現れ、秋名スピードスターズに挑戦を申し込んできた!! 地元で負けるわけにはいかないと燃える池谷だったが……!?