【フォレスター】車検費用を最低限とフルメニュー比較してみた!

SUBARUフォレスターの車検を【最低限】と【フルメニュー】で行った場合の費用を比較します。

結論から言うと、最低限で行った場合 90,454円フルメニューで行った場合 105,304円でした。

費用の差額は、約15,000円でした。

実際に行った車検は、「フルメニュー」で行いましたが、下回り洗浄や塗装などのオプションに必要性を感じなければ、最低限の車検メニューをおすすめします。

費用の内訳も載せているので、これからフォレスターの車検を考えている人の参考になれば嬉しいです。

目次

車検の有効期限は?

はじめに、車検の有効期限を説明します。

自家用乗用車・軽自動車は、「新車登録から3年間」です。

2回目以降の車検は、2年毎に変わります。

有効期間が満了となる1ヵ月前から、車検を受けることができます。

新車のフォレスターを購入して3年が経つので、今回が初めての車検になります。

【購入レビュー】フォレスターを購入して良かった点3つを紹介します

2019年1月18日

最低限で行った場合の車検費用

最低限で行った車検費用は、90,454円でした。

内訳は、下記をご覧ください。

諸費用合計 71,230円
  • 自賠責保険 25,830円
  • 重量税 32,800円
  • 印紙税 1,800円
  • 代行料 10,000円
  • 消費税 800円
技術料部品計 19,224円
  • エンジンルーム
  • 室内点検
  • 足廻り点検
  • 下廻り点検
  • 日常点検および推奨点検

 

フルメニューで行った場合の車検費用

フルメニューで行った車検費用は、105,304円でした。

諸費用合計 71,230円
  • 自賠責保険 25,830円
  • 重量税 32,800円
  • 印紙税 1,800円
  • 代行料 10,000円
  • 消費税 800円
技術料部品計 34,074円
  • エンジンルーム
  • 室内点検
  • 足廻り点検
  • 下廻り点検
  • 日常点検および推奨点検
  • エンジン・下廻り洗浄
  • 下廻り塗装
  • ブレーキオイル
  • ブレーキ清掃・給油・整備
ほんりょー
約15,000円ほどの差がありますね。

 

どちらの車検を選んだの?

どちらの車検メニューを選んだのか?

結論からいうと、「フルメニュー」の車検を選びました。

選んだ理由は、「車の下廻りに付着した融雪剤の汚れをキレイにしたかったから」です。

冬場の運転は

冬場の運転は、道路に撒かれた融雪剤などが付着して、サビの原因になってしまいます。

下回りの洗浄に加えて、塗装もしてくれるので長期的に見ればフルメニューの方がいいと考えました。

 

最低限メニューでも問題は無い

とはいえ、約15,000円ほど費用は高くなります。

どちらを選ぶかディーラーの方に相談したら「最低限の車検メニューでも問題はない」と言われました。

とりあえず、車は走ればいい、費用を少しでも抑えたい方は、最低限メニューの車検を選ぶべきかと思います。

 

楽天車検がおすすめ

車検を検討中の方は、「楽天車検がおすすめです。

クレジットカード払いに加えて、楽天ポイントもゲットできます。

ネットからすぐに車検の予約ができます。

 

まとめ

フォレスターの車検費用について紹介しました。

最低限とフルメニューで行った場合、約15,000円ほどの差がでました。

下回り洗浄や塗装などのオプションに必要性を感じなければ、最低限でのメニューで行うことをおすすめします。

車検を控えている方は、「楽天車検」がおすすめです。

ぜひ、ご検討ください。

スポンサーリンク