【開封レビュー】GIGABYTE|G34WQCウルトラワイドモニター【コスパ高し】

GIGABYTE|G34WQCを買ったので開封レビューします。

3440×1440の解像度/144Hz/応答速度1MSのゲーミング仕様。

このスペックで実質55,000円なので、かなりコスパ高め。

今後ゲーミングPCを導入予定のため、売り切れる前にモニターを揃えた次第です。

初めてのウルトラワイドモニター、没入感がとにかくヤバイ!

ほんりょー
早くこの性能を最大限に活かすゲーミングPCを手に入れたいですw

 

目次

GIGABYTE|G34WQC【スペック】

GIGABYTE|G34WQCのスペックについて紹介します。

本体サイズ スタンド付き:808.89 x 488.79 x 234.81 mm
スタンド無し:808.89 x 363.45 x 114.45 mm
重量 8.4 kg
モニターサイズ 34インチ 1500R
解像度 3440 x 1440 (UWQHD 比率21:9)
輝度 350 cd/m2 (TYP)(最大)
応答速度 1 ミリ秒(MPRT)
Hz 48~144Hz(ゲーミングモード)
リフレッシュレート(最大):144 Hz
インターフェイス 2 x HDMI 2.0 2 x DisplayPort1.4
パネル種類 VAパネル
入出力端子  イヤホンジャック

画面比率は21:9です。

Amazonプライムでシネスコサイズで配信されてる映画を見るとジャストサイズ。

横長なのでブログや動画編集においても作業効率が上がるのでオススメです。

もちろんゲームするのにも最高のモニター!

ほんりょー
これで映画を見るのが最高なんですよ。。

高さ傾き調節ができる

モニターの高さ調節ができないと、肩こりや眼精疲労に繋がりますよね…。

G34WQCは、高さや傾きを広範囲に調整することができます。

これはありがたい!

ポイント

高さ調節:100mm

傾き:-5° 〜 +20°

DCI-P3を90%カバー

DCI-P3を90%カバーする広い色域を持ち、カラー再現力も高いです。

表示色は、8bitsカラー。

VESA Display HDR 400に対応しています。

ネイティブ1500R

パネルは湾曲しているため、人間の目に近い視野をもたらします。

とにかく、没入感がヤバイ!

このモニターサイズに慣れてしまうと、もう戻れないっす。。

 

【開封】ドデカい段ボールが届いた

さっそく、GIGABYTE|G34WQCを開封します。

まず先に言わせてください。

段ボールデでか過ぎ!!

ほんりょー

▲この写真は車庫で撮っていますw

組み立て図は段ボールに描かれています

なんとモニターの組み立て図は、段ボール(上部)に描かれています。

組み立て工程は至って簡単。

▲スタンドとモニターを取り付けた後にスタンド下のネジを閉めるだけ。

ちなみに、手でネジを回せる機構になっているのでドライバーは必要ありません。

▲付属品は、電源ケーブル・HDMI/DPケーブル各1本です。

電源ボタンは背面左下

電源ボタンはモニター背面の左下にあります。

表示位置や歪み、コントラスト、明るさなどを調節できるOSD(オートスクリーンディスプレイ)機能もこのボタンで操作できます。

ちなみに、現在のモニター画像設定は下記の通り。

モニター画像設定
  • 輝度 30
  • コントラスト 55
  • 彩度 11
  • シャープネス 5
  • ガンマ ガンマ3
  • 色温度 通常
  • ブルーライト低減 0
  • ダイナミック・コントラスト 0
ほんりょー
個人的に輝度の調整は必須かと!初期設定は結構まぶしいっす。。任天堂Switchでフォートナイトやるときは画像モードをFPSにしています。

どこで買ったの?

G34WQCは、楽天市場(コジマ店)で購入しました。

税込64,480円ですが、9,338ポイントつくので実質約55,000円。

実勢価格が税込約57,970円なので、少しばかりお得にゲットできました!

ちなみに、販売状況は「お取り寄せ」の状態でポチったわけですが、一週間で届きました。

ほんりょー
これから購入される方は参考にしてください!

 

まとめ

GIGABYTE|G34WQCの開封を紹介しました。

このスペックで実質55,000円ほどで購入できて満足。

私は楽天市場コジマ店でポチりました。

いやぁ〜しかし、ウルトラワイドモニターの没入感にはホント驚きました。

144Hzの恩恵を受けるべく、はやくゲーミングPCをゲットしたいですw